fc2ブログ

 
野菜を美味しく食べるための料理!バーニャカウダ。
バーニャカウダアップ バーニャカウダ

野菜がモリモリ食べれちゃう、北イタリア・ピエモンテ州の郷土料理、バーニャカウダ。
最近知られるようになったお料理だけど、バーニャカウダって?て、思った方も多いですよね。

このお料理は、たっぷりのにんにくとアンチョビをオリーブオイルで煮た熱々ソースに野菜を浸して食べる、というもの。
このソース、野菜にすっごい合うから、いくらでももりもりお野菜が食べれちゃうんです~。
これを出すと、はじめは?って顔をしている人も一口食べるともう競うように野菜を浸しては食べまくります。
最後には鍋にくっついてるのまでキレイにパンでぬぐって食べてくれるんですよ~。どれだけ美味しいか分かるでしょう?

野菜たっぷりだから、夏のお料理に見えるけどこれは冬のお料理。
もともとは、農民が収穫も終わる冬のころに、みんなで集まってわいわいと食べるものだったそうです。今でも、その年の初バーニャカウダのときはまるで何かのお祭りのような雰囲気なんだそうです。

でも、ワタシは春先のこの季節になると食べたくなるんですよね~。それはこのソースが何よりもキャベツにめっちゃ合うと思ってるから。
このソースとキャベツだけで夕飯十分、ってくらいキャベツバーニャカウダが好きなんです。(笑)
キャベツの美味しいこの季節、是非お試しください♪

作り方は、にんにくをレンジで柔らかくし、潰してアンチョビと一緒に再度レンジでチン。アンチョビも潰してオリーブオイルを注いで仕上げに熱々になるまでレンジでチンしたら出来上がり!
レンチンにんにくって甘くてホクホクで美味しいんですよ~。(たまにこれだけで食べる。。。)
それを使ってぜーんぶレンチンにしてみました。
1人分だとお鍋で作るには量が少ないからなんだけど、器で作ってそのまま食卓へ出せちゃいますよ♪

えー?この見栄えのしないソースがそんなに美味しいの??って思いつつ、競うほど野菜を美味くするソースを食べてみたい、って思ったらクリッククリック!
FC2 Blog Ranking レシピブログバナー
クリックしていただけるとポイントになって順位がアップしま~す。よろしくどうぞ!

バーニャカウダ
材料:1人分 調理時間:5分(ソースだけの時間。野菜の下ごしらえは別)
にんにく 4~5片(40gくらい)
アンチョビ フィレ 5枚
ピュアオリーブオイル 50cc
エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1
お好みの野菜やパン 
写真の分量:ジャガイモ3cmくらい3コ・パプリカ赤1/4・パプリカ黄1/4・キャベツ1/8・ラディッシュ3コ

作り方
1、まず、野菜やパンを準備しておく。じゃがいもやブロッコリーは茹でておき(レンジ加熱でもちろんOK。)、パプリカはスティック状に、キャベツは一口サイズに切っておく。パンも食べやすく切っておく。
2、にんにくは薄皮のまま重ならないようにラップに包み、柔らかくなるまでレンジで加熱。加熱しすぎると干からびてしまうので、30秒くらいずつ様子を見て指でつぶれるくらいに柔らかくする。
にんにくの薄皮を剥いて耐熱容器に入れ、フォークなどで潰す。(芽の部分は取り除きながら)大体つぶれたらアンチョビを入れてラップをし、レンジで熱々になるまで加熱する。(700w40秒くらい)
3、2にピュアオリーブオイルを入れて、アンチョビを潰しながら混ぜる。
レンジでオイルが熱々になるまで加熱(700w30秒くらい)したらエキストラバージンオリーブオイルを加えて出来上がり!

*とにかく加熱しすぎには注意!!はじめは少しずつ様子を見て加熱してください。
*エキストラバージンは香り付けに加えてますが無くてもOK。その分ピュアオリーブオイルを増やしてください。
3人数分以上作るときはお鍋で!にんにくだけレンチンで柔らかくして潰しお鍋に入れ、オイルとアンチョビを加えてアンチョビを潰しながら加熱して作ります。仕上げにエキストラバージンオリーブオイルを香り付けに加えて出来上がり!
フォンデュ鍋があればそれで作って常に熱々にしてください。いいな~、フォンデュ鍋あるおうち!!

スポンサーサイト



【2007/03/10 23:26】 | お野菜メインのおかず | トラックバック(1) | コメント(19) | page top↑
| ホーム |