fc2ブログ

 
ウサギ料理ではありません!ウェルシュ・ラビット。
イギリスのお料理”ウェルシュ ラビットWelsh rabbit(ウェールズのウサギ)”
でも、ウサギは使いません。ウサギ味でもありません。ちょっと辛味のあるチーズソースをのせたトースト、これが正体です。
映画で知った料理ですが、fleur de sel 塩の華の恵美さんがちょっと前にこれを作ってらっしゃって、あーワタシも食べたいな~、と作りました。
ウェルシュラビットアップ ウェルシュ
↑オレンジ色のイギリスチェダーで作ったのでこんなオレンジ色に。

このウェルシュ ラビット、ゴスフォードパークという映画のワンシーンにベジタリアンのお客様向けのディナーの料理の一部として出て来ます。映像はありません。セリフだけ。。。
日本語訳では単なる”チーズトースト”となっているので、えー?貴族のディナーでチーズトースト~?って始めは思ったんですが、よく聞いてみると”ウェルシュ・ラビット”と言ってるんです。
なにそれ?と調べてみると、この料理、昔ウサギなどの肉の代用にされていたからこの名がついた、と言う話もあって、どうやら単なるチーズトーストではない模様。
食べてみると、ほんと単なるチーズをのせたトーストではないんです。というかトースト消えます。パンを感じません。
しっかり一体化していて、チーズ味ではあるんだけどチーズのマッタリ感がなく、マスタードが入ってるのでピリッとした辛さも。
食感はチーズトーストのトロ~リととろける感じではなくしっかりとした噛み応え。切ると肉汁のように油分が出てきます。この辺が肉っぽいかも?

恵美さんのレシピは卵黄とウスターソースとビールが入ってる大人味。
ワタシは卵黄、ウスターソースなし。ビールではなく牛乳です。
このレシピはオールドスタイルのレシピをレンジ用にアレンジしました。お子様向けかも?でも、ちょっと辛いからお子様にはマスタード少なめで。
そして作り方はワタシらしくレンジ使用です。(笑)
材料を耐熱容器に入れて1分加熱。どろどろに溶けたところをトーストしたパンの上にのせてオーブントースターで5分くらいこんがりと。
1枚じゃもの足りないかな~?と思ったら大間違い!十分です。間違ってもパスタを用意しちゃいけません。パスタ半分も食べれませんから!!
ちょっと足りない方は、付け合わせ的なものやデザートで調節を。あとから必ずズシンときますよー。

カエルの次はウサギもね。そしてクリックもね!
FC2 Blog Ranking レシピブログバナー
クリックしていただけるとポイントになって順位がアップしま~す。よろしくどうぞ!

ウェルシュ・ラビット
材料:1人分(食パン1枚分) 調理時間:10分
食パン(6枚切りか8枚切り)1枚
チェダーチーズ 50g
☆バター 小さじ2(10g)
☆和からし(練りからし) 小さじ1/3
☆牛乳 小さじ2
胡椒 少々(小さじ1/8)

作り方
1、食パンを軽く色がつくまでトーストする。
2、耐熱容器にチーズを卸すか1cm角くらいに切って入れ、☆の材料も入れてざっと混ぜ、ふんわりとラップをしたらレンジ(700w)で1分加熱する。チーズがどろどろに溶けたら胡椒を加えよく混ぜる。
3、1のトーストの上に2をのせ、オーブントースターでこんがりと焦げ目がつくまで(5分くらい)焼いたら出来上がり!
チーズが溢れるので、トレーにはアルミホイルなどを敷いて下さい。

*チーズはオレンジ色のイングリッシュチェダーを使いました。ゴーダやコンテでも美味しかったです!恵美さんはミモレットを使ってらっしゃいます。う~ん贅沢!

そしてからしについて。
イングリッシュマスタードからしは本来 ←のような”イングリッシュマスタード”を使います。
イングリッシュマスタードはパウダー状でピリリと辛いマスタードです。
フレンチマスタードのようにマイルドな辛味ではなく、和からしのようにしっかりとした辛味があります。
輸入食材店やスパイス類の豊富なところに”粉末マスタード”という名前で売ってるかもしれませんが、なかなか手に入りにくいので味の近い和からしを使うレシピにしました。あのチューブ入りの練ってあるものでOKです。
スポンサーサイト



テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

【2006/09/27 23:21】 | チーズ | トラックバック(3) | コメント(16) | page top↑
| ホーム |