スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
なんとも不思議な料理、ケベック名物「チャイニーズ・フォンデュ」ディナー
DSCN2556.jpg「チャイニーズ・フォンデュ」ってご存知ですか?
中国の鍋ものがケベックで定着したもの、ではないのです。
中国には無く、他の国にもないという、なんとも不思議な料理「チャイニーズ・フォンデュ」。

チーズフォンデュのチーズの代わりにビーフスープ(イメージとしてはコンソメスープの濃い感じ)を使い、しゃぶしゃぶのお肉のようなうす~いお肉を、フォンディのピックに巻いてスープが入った鍋に入れて、ゆで上がったら食べる、という料理。
まったく中華の要素はないし、謎な料理だそうです。
R*さんの想像では、日本のしゃぶしゃぶが勘違いでこのようになったのでは?とのこと。
確かにもっとも近い料理はしゃぶしゃぶのように思います。
鍋にお湯を沸かして薄切り肉をくぐらせて食べるしゃぶしゃぶを、誰かが見たか食べたかして、自分たちの食生活にあったように変えていったのかもしれませんね。

ということで、食べ方を教わって各自お肉を巻いて、とぷんとビーフだしにつけて火が通ったら、ソースをつけていただきます。
DSCN2581.jpgDSCN2591.jpg
ソースはマヨネーズにカレー粉を混ぜたものとケチャップを混ぜたもの。
これをつけるのが正式な食べ方だそうです。
でもビーフダシの味がしっかりつくので、私と友人たちはそのまま食べる派でした。
マッシュルームも一緒に茹でて食べるんですが、これがすっごく合う!
このビーフスープごと持ち帰りたい~って感じでした。

日本で作るなら、しゃぶしゃぶのお肉と自作のビーフスープ、土鍋とカセットコンロがあればなんとかなるかも。
ただ、お肉は赤身、ビーフスープはうまみががっつり利いて味つけはしっかり濃いめ、がポイントだと思います。
(脂の多いしゃぶしゃぶ肉では、ちょっと気持ち悪くなるかも、とのことです。)
カセットコンロの上に土鍋を置いてしゃぶしゃぶの要領でチャイニーズフォンデュ。。。
イマイチ雰囲気が盛り上がらないかもしれませんが、やってみるのもアリでしょう。

ちなみにケベックでは、スープは缶詰めで売られています。
後日スーパーで見かけましたが、とっても重いので断念。。。
(ちなみに、この料理は外ではめったに食べられないそうです。となればやはり土鍋出動!?)


で、この日のディナーの模様を。
R*さんのブログもご覧下さい!

さすがおもてなし上手なR*さん。
マーケットから一緒におうちについて、おしゃべりしている間にフィンガーフードが出来上がり!
DSCN2548.jpg DSCN2566.jpg
そのうちチョコ星人氏も帰宅してワインを飲みながらつまみました。
(カナダの赤ワインもいただきました♪)

フィンガーフードは右上から時計回りに「チーズ盛り合わせ(マンチェゴ、リオペール、アルプスパノラマ)」「カナディアンサーモンのセヴィーチェ」「プツィンという料理に使われるチーズ」マーケットで買ってきた「チーズ詰めオリーブとブドウの葉のドルマ」。

この間にメインの準備。
といってもあわててバタバタすることなく、会話に混じりながらいつの間にか準備完了。
こういう風に気張らずあわてず、そして買ってきたものもうまく利用するおもてなしは見習いたいです。
(テーブルセッティングはしっかり準備してありました。なるほどね~。)

普通はフィンガーフードの後に前菜が来てメインのチャイニーズ・フォンデュとなるそうですが、私たちではそこまで食べられないのですぐメインへ。
といってもフィンガーフードすら食べきれず、ほとんど残してしまったという戦力の無さが残念です。
デザートまでたどり着けなかったし。。。
次はしっかり最後までたどり着けるように精進して行きます!


ブログを始めたばかりのころから行ってみたかったモントリオールに、ほんとうに行ったとはいまだに信じられません。
こうやって外国にもつながるブログって、しみじみすごいな~と。

おかげで、モントリオールだけでなく次に向かうケベック・シティのおすすめ情報も教えてもらって、この旅行はほんとにほんとに満足のいくものになりました。
その情報をみなさんにもおすそ分け。ということで、もう少し旅レポにお付き合いください♪

チャイニーズ・フォンデュ日本で再現してほしいかも~、って思ったらクリッククリック!!
レシピブログバナー
クリックしていただけるとポイントになって順位がアップしま~す。よろしくどうぞ!
スポンサーサイト
【2009/11/26 20:37】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

 
カナダ旅行2日目~3日目。モントリオールで食べたもの!
DSCN2406.jpgカナダにいる間にアップしようと思ってたのに、時差のせいか歩きすぎのせいか夕方(日本では明け方)にはどうしようもなく眠くなってしまうので、なかなかPCに向かえずにいました。
が、明日26日(日本は27日)のお昼には帰国なので、必死で起き上がって書いています。
やっぱり気になるでしょうからね。2日目のR*さんちディナー。
R*さんが記事にするのを放棄したので(笑)ガンバリます!

この日は朝はモントリオールのダウンタウンの美術館や博物館をめぐり、カルティエ・ラタン(Quartier Latin)からプラトー・モン・ロワイヤル(Plateau-Mont-Royal)あたりをうろうろして、ジャン・タロン・マーケット(Jean-Talon Market)でR*さんと合流。
色々買い物をしてR*さんちへ向かいました。

まずはホテルを出て観光案内所(Centre Infotouriste)に向かったところ、まだ開いていなかったので、側の24時間OPENのダイナーのようなお店で朝ごはん。
写真はベーグル&サーモン&クリームチーズ。$11だけあってボリュームたっぷり。
私は2エッグ&パンケーキ&トーストのセット。写真はろくなのがなかったのでなしですが、これもすっごいボリューム。
ここのホットチョコが思いがけず美味しくて、今回の旅で飲んだ中で私は2番目のお気に入り。
(友人たちはここが1番)

その後は美術館や博物館をめぐり、「シュワーツ(Schwartz's)」という有名なスモークミートのお店に。
DSCN2472.jpg DSCN2492.jpg
ここはいつでもすっごく混んでいて並ぶ、と聞いていましたが、そのとおり。
2時という半端な時間にもかかわらず、店内は満席で外は行列。
パンの何倍もの量のスモークミートが挟まったサンドイッチ。
一見小さく見えたので、ひとり1個頼んだところ、途中でギブアップ。
半分は翌日の朝ごはんになりました。

そしてこの近くにあるカルディ好きにはたまらない輸入食材のお店「LA Vieille Europe」へ。
DSCN2452.jpg DSCN2451.jpg
ヨーロッパの食材が並ぶ店内で、私たちは大はしゃぎ。
こういう輸入食材のお店では、必ずコーヒーもお惣菜もパンもあって、その場で食べられるようです。
何件か見て回りましたが、どこも必ずそういうコーナーがありました。

次に向かったのは地下鉄に乗って「Jean-Talon」へ。
ここには大きなマーケットがあるのでR*さんに連れて行ってもらいました。
DSCN2499.jpg DSCN2494.jpg
DSCN2497.jpg DSCN2500.jpg
DSCN2504.jpg DSCN2487.jpg
モントリオールは基本フランス語なので、ほんと大助かり。(英語すらままならないし。)
メープル系はここにあるお店(写真左上)で買うのがおすすめだそうです。
お土産用になっているかわいい瓶のものなどはあまり味が良くないんですって。
コーンに入っているのはメープルシロップを水あめくらいまで煮詰めたもの。
これはあまり他ではないようなので、ここに来たらぜひお試しを。
茶色いのがただ煮詰めたもの、白っぽくなってるのがメープルバターを入れたものです。

マーケットは色んなお店がひとつの建物の中に集まってお店を開いています。
スパイス専門店や中東系の食材のお店、果物屋さんやお肉屋さん、お魚屋さんなどいろんなお店がそろっていました。
そしてマーケットの建物の周りにはパン屋さんやその他レストラン、カフェなどもあり、夏は外までたくさんのお店が出ていてもっと規模が大きいそうです。
それでも充分色々見られました。
(今は屋外にもみの木が山積みになってます。)

その後はここからほど近いR*さんちへ。
詳しくは別記事にて。

チャイニーズフォンデュを食べてワインを飲んでほろ酔いになったところでベーグル屋さん「フェアマウント・ベーグル(Fairmount Bagel)」へ車でGO。
DSCN2597.jpg DSCN2600.jpg
モントリオール式ベーグルの元祖の店だそうで、それがなんと24時間オープン。
いつでも焼き立てベーグルを買うことができるというお店です。
行った時間、ちょうど出荷の準備の佳境だったらしく、店内はベーグルが詰まったコンテナでいっぱいでした。
1人分がやっと抜けられるくらいの通路しかない中でオーダー。
次の日の朝ごはん用にひとり1個ずつ買いました。
右上から時計回りに、ごま、プレーン、ポピーシード。
おなか一杯だったのでその場で食べられませんでしたが、翌朝食べてもすっごく美味しかった!
というか、むっちり固めのわたし好みのベーグルでした。

ということで、2日めは終了。
1日にしてほんとうによく食べました。^^;
ま、この後もたっくさん食べますけどね。

続いて3日目も行っちゃいましょう。

わ~よくこんなに食べるわね~ってあきれつつも、クリッククリック!!
レシピブログバナー
クリックしていただけるとポイントになって順位がアップしま~す。よろしくどうぞ!


続きを読む
【2009/11/26 20:36】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

 
フレンチビストロ■□■Le Paris■□■
DSCN2392.jpg今晩は、フレンチビストロ『Le Paris』に行ってきました。

今晩ってまだ夜じゃないけど?

でもこちらは夜なのです。
場所はモントリオール。ただいまカナダに来ています。

友達が語学留学するっていうんで、ちょっと乗っかっちゃおうということで来てしまいました、カナダ。
ブログを始めたばかりのころからのお友達、Chez R* おうちごはんのR*さんが住んでいるモントリオールにただいまおります。

R*さんがブログでご紹介して下さったフレンチビストロのひとつ『Le Paris』がホテルに近かったので、到着してすぐに向かいました。

どーですか。雰囲気いいでしょ~。
正直まったくもってメニュー見ても分からなくて、分かる英単語だけで色々聞いて、長時間かけてメニューを選び、次にワインも長時間かけて選び、なんとかそれぞれ満足のいくものが食べられました。

うーん。雰囲気ぶち壊しな迷惑な客!
だけど、納得いくまで選ばねば満足した旅行になりませんからね。
ついつい分かるものだけ食べちゃいがちですが、ぐっとこらえて頑張ります。

  DSCN2385.jpg DSCN2394.jpg
DSCN2399.jpg選んだのはセットメニュー。
メインを決めてそれにサラダ(↑写真左)かスープ、デザートが2種類の中から選べる、というもの。
メインによって値段が変わりますが、私は$16.50のもの。
若鶏の煮込み(↑写真右)を選びました。
こってりしたのは疲れた体にきついな~と思ってたのでバッチり気分通りのお料理♪
こんな大きな骨付き肉でしたが、柔らかくてあっさりとしていてぺろりと平らげてしまいました。
なんかジャガイモがすっごく甘かったんだけど(さつまいも?と思うくらい。)きっと品種が違うのでしょう。R*さんに後で聞いときます。
このじゃがいもはメークインみたいな見た目でそれよりもっと大きいものらしいです。
メークインよりねっとりとした食感で、甘みがつよかったです。


デザートはカラメルプディングとプリンの2種類から私はプリン(←写真)を。
多分レーズン入りのフランをカットしているのだと思います。これもきいときます。


ちなみに、若鶏の奥にちらっと写っているのは、ケベック豚のシナモンソース。(名前は私が勝手につけてます。そういう意味だろうということで。)
超美味しかった~。
がっつり食べれるときはこっちにします。
「プリン」と聞こえたのは「プディング」だそうです。
カットしてシロップ漬けにしてあるのかと思ったら、上が焼けてケーキになり、下にはシロップがたまって出来上がるんですって!
2層に分かれて焼きあがるものがあるのは知っているけれど、こんなにタプタプにシロップができるとは!!
面白ーい!
シロップを別に作らなくていいなんて便利だし、試してみたいと思います♪

ということで、あいかわらず到着直後から飛ばした食べっぷりです。
明日の夜はR*さんちにお邪魔します。
お楽しみにー!!
(台湾がまだ終わってないというのに、、、。今回PC持ってきたので、旅行中アップする予定です♪)

あ、ここのお店はハーフボトルのワインが5種類ほどありました。
女の子3人にはちょうど良かったです。ご参考まで。


ちょっとちょっといきなりカナダってびっくりしたわよ~、って思ったらクリッククリック!!
レシピブログバナー
クリックしていただけるとポイントになって順位がアップしま~す。よろしくどうぞ!
【2009/11/20 16:53】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。